VMware Labs の Onyx に Web Client 用が出ていた

ぜんぜん知らなかったのだけれど、ふと VMware PowerCLI Blog を見たら、VMware Labs の Onyx の Web Client 対応版、Onyx for Web Client のリリースの案内が出ていた。

System Requirements には vSphere Web Client 6.0 用と書いてある。6.0 の Web Client から 5.5 につなげば 5.5 でも使えそう(後方互換、あったよね?)。

Onyx というのは、vSphere Client の操作を PowerCLI や C# や vCO 用の JS などのコードにしてくれるとても便利なもので、ぼくも三年前に『vSphere Client の操作を PowerCLI のコードにしてくれる VMware の Onyx がすごく便利』というエントリを書いている。

このエントリ、いまでもちょくちょくアクセスがあるのだけれど、この末尾にこんな一文を入れていた。

vSphere 5.1 からは vSphere Client ではなくて vSphere Web Client が標準になってくるので、Onyx たんがアップデートしてくれないといずれ使えなくなる疑惑がある。

結局、従来の C# 版クライアント用の Onyx も 2014 年までは継続的にアップデートされていて、なんだかんだで vSphere 5.5 の C# 版クライアントでも使えてはいる。とはいうものの、根本的に C# 版クライアントだとできないことも多いわけで。

Web Client 用のが出てくれないとそのうち困りそうだなあと、このときからつらつら考えてはいたのだけれど、無事にリリースされてくれてよかった。安心した。


PowerShell と bash で任意のコマンドの出力の全行頭にタイムスタンプを付ける

Tera Team でログを取るときの “タイムスタンプ” オプションみたいなことを、OS のネイティブの機能でやりたいシーンがあった。一時的な人力監視とか作業の証跡とかで。

以下、Windows の場合(PowerShell)と Linux の場合(bash)のそれぞれで。

Windows の場合(PowerShell)

ワンライナでやる

こうする。

<任意のコマンド> | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}

コマンドによっては表示が崩れるので、その場合は Out-String -Stream を通してやるとだいたいうまくいく。

<任意のコマンド> | out-string -stream | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}

結果、こうなる。

PS> ping 8.8.8.8 -t | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}
[2015/11/02 01:04:43.31]
[2015/11/02 01:04:43.32] 8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
[2015/11/02 01:04:43.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =7ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:44.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =9ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:45.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:46.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=56

関数にする

関数にする場合は、例えばこんな感じ。

function add-timestamp {
	[cmdletbinding()]
	param (
		[parameter(valuefrompipeline = $true, mandatory = $true)][psobject] $object,
		[string] $format = "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ",
		[switch] $trim
	)
 
	process {
		$object | foreach-object {
			if ($trim) {
				(get-date -f $format) + "$_".trimend()
			} else {
				(get-date -f $format) + "$_"
			}
		}
	}
}

-format(-f でもよい)で任意のフォーマットを指定できる。何も指定しなければデフォルト(”[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] “)。

-trim(-t でもよい)は、行末の不要な空白を削除するオプション。なにかの結果を format-table してから add-timestamp に渡すと、行バッファがあふれて折り返されて、全行間に空行が入って見えることがあるので、これを見掛け上抑止するためのもの。

使うときはこんな感じ。ワンライナの場合と同様、場合によっては out-string -stream を噛ませた方がよさそう。

<任意のコマンド> | add-timestamp
<任意のコマンド> | add-timestamp -f "<HH:mm:ss> "
<任意のコマンド> | add-timestamp -t
<任意のコマンド> | out-string -stream | add-timestamp

結果、こうなる。

PS> ping 8.8.8.8 -t | add-timestamp
[2015/11/02 01:16:18.65]
[2015/11/02 01:16:18.65] 8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
[2015/11/02 01:16:18.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:19.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:20.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =5ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:21.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =8ms TTL=56

Linux の場合(bash)

ワンライナでやる

こうする。

<任意のコマンド> | awk '{print strftime("[%Y/%m/%d %I:%M:%S] ") $0}'

strftime() はミリ秒単位の表示ができないっぽい。date で代替もできなそう[1]だし、しかたない。

結果、こうなる。

[kuro@localhost ~]$ vmstat 1 | awk '{print strftime("[%Y/%m/%d %I:%M:%S] ") $0}'
[2015/11/01 05:04:04] procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
[2015/11/01 05:04:04]  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
[2015/11/01 05:04:04]  1  0      0 483204  23324 363936    0    0   145     2   32   44  0  1 99  0  0
[2015/11/01 05:04:05]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   26   36  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:04:06]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   26   36  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:04:07]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   27   42  0  0 100  0  0

関数にする

関数にする場合は、例えばこんな感じ。

#!/bin/bash
function add-timestamp () {
        f="[%Y/%m/%d %I:%M:%S] "
        for opt in "$@"; do
                case "$opt" in
                        '-f' | '-format' )
                                f="$2"
                                ;;
                esac
        done
        cat - | awk "{print strftime(\"$f\") \$0}"
}

-format(-f でもよい)で任意のフォーマットを指定できる。何も指定しなければデフォルト(”[%Y/%m/%d %I:%M:%S] “)。

こうやってつかう。

<任意のコマンド> | add-timestamp
<任意のコマンド> | add-timestamp -f "<%I:%M:%S> "

結果、こうなる。

[kuro@localhost ~]$ vmstat 1 | add-timestamp
[2015/11/01 05:18:48] procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
[2015/11/01 05:18:48]  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
[2015/11/01 05:18:48]  2  0      0 482800  23648 364060    0    0   110     2   30   42  0  0 99  0  0
[2015/11/01 05:18:49]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   33   46  0  1 99  0  0
[2015/11/01 05:18:50]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   27   38  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:18:51]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   23   37  0  0 100  0  0

どうにかしてミリ秒出せないかな、これ。


  1. やってみたら全行のタイムスタンプが同じ時刻になってダメだった []

ウクレレベースのジャックを交換する

Rubinetto で使っているウクレレベースのジャックが接触不良気味だったので交換。

ウクレレベースは KALA の UBASS-SMHG-FS というモデル。これについているピックアップシステムは、Shadow の SH NFX EQ-T UK というものらしい。


ジャックは金属の弾性を利用してプラグの固定と導通の確保を同時に実現する構造なので、極の曲がりっぷりが弱くなるとユルくなって導通も死ぬ。特に何もしなくても、経年劣化で死ぬ。

保証期間内であれば販売店持ち込みが楽だけれど、すでに過ぎていたし、難しい話でもないので自分で。

外す

本体の裏には作業用の穴がある。蓋は磁石での固定なのですぐ外せる。


ジャックは内と外の両側からのナットの締め付けで固定されているので、どちらかのナットを外して抜き取る。

DSC01623

調べる

元の配線がわからないと部品の交換ができないのだけれど、インタネットでは配線図が見つけられなかったので実物を基に書き起こした。

模式的に描くとこう。

似非回路図っぽくするとこう。いろいろと省略しているけれど。

ubass02

バッテリとプリアンプのグラウンドが両方ともジャックのスリーブにつながっているのがめずらしいけれど、シールドを挿さない状態(リングとスリーブがショートしない状態)でもチューナ機能を使えるようにするためかな、たぶん。

チューナ側にも別にスイッチがあるから、きっとそういうことだと思う。

交換する

配線がわかれば、あとは新しいジャックを同じ配線で繋ぐだけ。今回買ったのは SCUD の EP=JACK2。

最初にブッシングを通さないと詰む。ありがちなミスだけれどまじで実際やらかした。

あとは適当に熱収縮チューブで絶縁しながら繋いでいく。

繋ぎ終わったらこの時点でいちど音を出してみた。問題なし。

あとは取り付け。

板の厚みを適当に読んで内側のナットの位置を決めたら、外側から締め付けてやる。

内側のナットが外側すぎると、シールドが挿し込みきれなくなって接触不良につながるので気をつける。内側のナットの位置はとてもだいじ。

固定できたらブッシングも締め付けて、外側にキャップをつけて完了。

おわり。


ORANGE MUSIC inc. presents Lightning Showcase

インストゥルメンタルバンド、(tys)2

多摩のギター部出身のひとたちも多く所属していることもあって、前から気にはなっていたのだけれど、遂に初ライブを敢行するというものだから行ってきた。

6 月 3 日、火曜日。HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3 にて。

その昔、野良音響屋さんとして PA をやっていたころは、こういう爆音は当たり前だったけれど。

そういうところには最近久しく身を置いていないから、だから声を張り上げないと会話もままならない音圧の空間に居ること自体が、とても懐かしかった。

演奏はキレイめで、想像していたよりもずっとオトナっぽい。

軽音楽系だとノリとイキオイでエイヤっとやってしまうことが多そうだけれど、そこはしっかり造り込んでいたようで。

演奏者側と PA 側との音量の制御がもうちょっと噛み合うとよかったかも。

それでも、知った顔がたのしそうにがんがん音楽しているようすを見るのは、見ているこっちもたのしいから、たのしい。

次のライブはもっと近いところだそうで。時間があけば行ってみよう。


五月雨ギターアンサンブルコンサート

UnisOno さん主催、五月雨ギターアンサンブルコンサート。

近隣のギターアンサンブル団体を集めて合同でひとつのコンサートをつくる企画で、”五月雨” 以外にもこれまでに “風待ち” とか “虹晴れ” とか、そういう名前で開催されてきた実績のある、シリーズめいたコンサート。

この日の出演は、Lluvia と、L’avenir さんと、Rubinetto の三団体。ぼくはこのうち Rubinetto と Lluvia[1]の二団体にまたがって出演してきた。

5 月 30 日、土曜日。相模原南市民ホールにて。

朝早くからリハーサルだったのと、クラシックスタイルの Lluvia といつも通りのお気楽な Rubinetto とのテンションの違いも重なって、体力ががんがん持っていかれたけれど。

いやはや、たのしかった。

ギターのたのしさ、というか、音楽のたのしさの本分って、ぼくにとってはどうしたって “本番” にある。

自分ひとりで演奏していても、あるいは団体で閉じた空間で演奏していても、それはそれでもちろんたのしいのだけれど、結局のところ承認欲求のカタマリのような生き方をしているぼくには、ひとまえで演奏して反応をもらうことこそが、ぼくにとっての自己満足のいちばんの達成手段。そうして弾いているときの自分のテンションが、ぼくは好き。

暴言が過ぎるかもしれないけれど、感覚でいえばそういうところが多分にあるのよね。

もちろん、”本番” は “お客さん” あってこそのもので、だからお客さんを呼び込むために、訴求力を高める努力(≒練習)はしないといけないのは、忘れてはいけない事実だけれど。

本番がたくさんあればいいなあと、だからぼくはそう思っていて、だから Rubinetto のフットワークの軽さがとても好き。

そういう意味では、Lluvia のような “その場限り” の特別編成も、気軽にあちこちでできるといいのだけれど、なかなか機会がないのよねえ。

L’avenir さんの演奏はあまり聴けなかったけれど…… そういえばコンクール以外では顔を合わせるのは初めてだったかもしれない。結成当初から見ていたけれど、人数もしっかり増えて、団体としてだいぶ安定してきた感があって。

ギター部がない学校の生徒さんたちがギター合奏を続ける道ってあまり多くないから、ながく続いて欲しいととても思う。

さてさて、八月には今度は “向日葵” の名を冠して 向日葵ギターアンサンブルコンサート が開催されるので、こちらもぜひ。Rubinetto として出演予定。


  1. このコンサートのために特別に編成されたギターアンサンブル団体。ぜんぶで七人。 []