VMware Labs の Onyx に Web Client 用が出ていた

ぜんぜん知らなかったのだけれど、ふと VMware PowerCLI Blog を見たら、VMware Labs の Onyx の Web Client 対応版、Onyx for Web Client のリリースの案内が出ていた。

System Requirements には vSphere Web Client 6.0 用と書いてある。6.0 の Web Client から 5.5 につなげば 5.5 でも使えそう(後方互換、あったよね?)。

Onyx というのは、vSphere Client の操作を PowerCLI や C# や vCO 用の JS などのコードにしてくれるとても便利なもので、ぼくも三年前に『vSphere Client の操作を PowerCLI のコードにしてくれる VMware の Onyx がすごく便利』というエントリを書いている。

このエントリ、いまでもちょくちょくアクセスがあるのだけれど、この末尾にこんな一文を入れていた。

vSphere 5.1 からは vSphere Client ではなくて vSphere Web Client が標準になってくるので、Onyx たんがアップデートしてくれないといずれ使えなくなる疑惑がある。

結局、従来の C# 版クライアント用の Onyx も 2014 年までは継続的にアップデートされていて、なんだかんだで vSphere 5.5 の C# 版クライアントでも使えてはいる。とはいうものの、根本的に C# 版クライアントだとできないことも多いわけで。

Web Client 用のが出てくれないとそのうち困りそうだなあと、このときからつらつら考えてはいたのだけれど、無事にリリースされてくれてよかった。安心した。


コメントを投稿