Skip to main content

がんばること

まだ起きてる。

時間がズレてきてるなあ。よろしくない。

日経の夕刊にしゅうかつのことが載っていた。がんばらないといけないようだ。

がんばる、というのは意外と難しい。今まで明確になにかをがんばった記憶があまりなくて、ゆるゆるとしているうちに、いろいろなことがうまく進んでしまっているという感覚は否定できない。とよく思う。

高校の部活はがんばってた。でももっとがんばれた気はする。本気を出していた、という気はするけど、本気は本当に本気だったのかしら。

がんばった気がしない、ということは、二つの捉え方ができる。

ひとつは、本当にがんばっていない、という、絶対的な評価。のらりくらり。のんべんだらり。だるだるだるーん。

もうひとつは、がんばっていたけれどあとから思えばそれは『がんばった』に値しなかったという、相対的な評価。分かりやすくいえば、がんばったことを忘れている、というパタン。行為の瞬間は確かにがんばっていたけど、冷静に振り返ると、あれ、別にがんばってなくね、みたいな。

ぼくの場合、後者が多い気がしている。そう思っておくことにしている。前者はあまりにもかなしい。

過去のがんばっていた自分を、今、がんばっていなかったと評価できるということは、それだけ自分が『がんばった』と評価できる閾値が上がった、ともいえるんだろう。成長した、キャパシティが増えた、ということだろう。たぶん。

がんばる、というのは、けっこう思い込みも大きい。

がんばる、と、つかれる、は、ちょっと似ている。身体を動かして、あるいは頭を動かして、なにかしたとき、運動でも知識でも、とにかくなにかアウトプットしたら、それ相応のエネルギィは消費されて身体から抜けていく。

その抜けていったモノが、『がんばり』と評価されるか、『つかれ』と評価されるか、そこはたぶん、どう思い込むかが違うだけ。現象としては、あまり差はない。

だから、満足するかしないか、っていう軸が、何をするにも大事な気がする。満足したら、がんばったと思えばいいし、満足しなかったら、つかれたと思えばいい。

というようなことをもやもや考えているから、だからぼくはあまり『つかれた』というアウトプットが好きではない。しちゃうけども。

ポジとネガ、まあ、そういうことかしらね。

就職活動のなかでは、がんばったこと、努力したこと、苦労したこと、をだいたい聞かれる。

どの経験を選んでも、だいたいぼくの口はぼくの考えている以上にうまくそれっぽいことをしゃべってくれるけど、しゃべりながら、ちょっとむなしく思うのも事実なのです。

結局、その経験を『努力』で評価するか『苦労』で評価するかは自分の判断だし、そしてその判断は、いかに自分がそう思うかっていうところだけが基準。この程度のことをぼくは『苦労』で語るのか。この程度の苦労しかしていないのか。へぼやろうめ。などと。思わないこともないわけだ。

いやはやなんとも。うーん。


部活の古いVHS

部屋をあさっていたら高校時代の定期演奏会のVHSが出てきたので、リマスタリングしようと画策。

とはいってもキャプチャボードを持っていないので、VHSをBDレコーダのHDDからBD経由でPCに入れてDVDにオーサリング、っていう回りくどい方法を取る。予定。

とはいえ安いキャプチャボードよりもBDレコーダを信用してるし、BDレコーダ通せばフルHDへのわりときれいなあぷこんが挟まるから、画質調整もトリミングもしやすい。と勝手に思ってる。

画質をちゃんと求めるなら、再生するVHSデッキをもっとちゃんとしたのにするべきだし、そもそものソース映像をきっと先生が持ってるからそこを貰うべきなんだろうけど、まあそこまでしなくてもいいかなと。

しゅうかつと並行して進めたいですね。二年分。一年のころのと、二年の頃の。

ということを考えながら飛ばし飛ばしこの映像を、つまりぼくが一年生の頃の定期演奏会の映像を、だらだら見てたんですけど、えらい懐かしいですねえ。みんな元気かなーとかちょっと感傷的になってしまう。

しかしこれ、ギターを続けてる今だからこそ見える部分がかなり大きいですね。当時は当時で間違いなくがんばってたけどねー。

でもなんというか、こうやって『当時は当時でがんばってた』って今言い切れるってことがすごく大事なことなのかなとか。そんな感じ。 
後悔って後味悪いですからね。

おわり。


部活とか編曲とか

はやく帰れたから高校の部活に行こうと思ったのに、『なんじまでっすかー』って電話したときにはとっくに終わっていたという展開でした。残念すぎる。

自分が編曲した曲がね、80人以上の大合奏団にででんと演奏されるってね、なかなか感激なんですよね。今日その音出しだったらしいんですよ。だから行きたかったのに! どんまい!

編曲らしい編曲をしたのがたぶん高校時代が最初で、マリオのアレですね。 
学年演奏もやったけどあれは弦楽スコアを移調させただけだから編曲ってほどじゃないし、あーでもパート紹介は数えていいのかな。49期のドラえもんもやったんだっけ? 結局アレ使われたんだっけ?

という感じで、実に、4年? くらいのブランクを経て、この前のサマーコンサートだか何だかの会場で編曲頼まれたのをきっかけに早くも全体合奏2曲と重奏1曲の計3曲を納めましたが、正直ものすごく勉強になります。どうもありがとうみなさま。ぼくはがんばります。ました。

編曲のクセっていうのはやっぱりあって、それがつまりウマいヘタに直結するもんなんだなあと、編曲という視点で今まで弾いてきた楽譜を見直すとすごく思うのです。ぼくの場合、まだキャリアがぜんぜんないので、一回一回がすごく貴重なトレーニング。

だからこそ、批判される、という機会を大事にしたいと最近すごく思います。先生に見せてもちょいちょいとした手直ししかしてくれないので正直もっと細かくつっこんでえええと思います。言いにくいですけどね。

曲のくおりちーもそうだけど、それ以上に楽譜っていう記号的表現の美しさみたいなのも追求したいところ。フォントを変えたり、文字間隔を微調整したり、余白をミリ単位で合わせたりとか結構やってるんだけど、まず誰にも気が付かれないよね。

ただ、楽譜における表現に関して言えることは、気が付かれないことはいいことであるとも思うのです。つまりそれは違和感を抱かせない、目に優しい、見易い、ということでもあるわけで、だからまあ、見難いって言われないってことは、ある程度どうにかなっているのかなあなどとポジティブにとらえています。

とはいうものの、そもそも絶対的にこみにけーちょんが足りん。ある程度慣れないと、どうしても現役さんにとってはこっちは「先輩」になっちゃうんだよね。でもそこを越えて慣れてからの意見のほうがいわゆる本音に近いから、ぼくはその段階での評価を大事にしたいんですよね。 
先輩って思われるのけっこうぼく嫌いなんですけど、だからまずはカタチからみたいな感じで後輩におめーら敬語使うんじゃねーぞな感じで今まで生きてきましたけど、さすがに5歳以上離れてくると、いくらこっちがよくてもあっちがよくないんだろうなあと気が付き始めてます。距離の測り方が難しいね。こみゅ力高い人すごいと思います。

高校行ってきたーとか話すと「通報した」とか「犯罪者」とか煽られる(もちろんネタだけどね)こんな世の中ですけど、何が言いたいかっていうと、定期演奏会行けなくなりそうでちょっとうわあって感じだよってことでした。舞台裏の空気大好きなんだけどなー。一年間お預けかと思うとなかなかさびしいものがあります。

テスト勉強の合間に書きました。もちろん企業向けのエントリーシートは比較にならないほどちゃんと日本語固めてますよ。だいじょうぶですよ。