Skip to main content

vSphere 上の仮想マシンを IPMI で操作する: VirtualBMC for vSphere (vbmc4vsphere)


ざっくり紹介

いろいろあって作りました。

これを使うと、vSphere 環境上の仮想マシンを、IPMI (ipmitool など)で制御できます。

物理サーバとまったく同じプロトコルが(もちろん全部ではないですが)仮想マシンに対して使えるようになるため、単に ipmitool による手動操作だけでなく、バックエンドで IPMI を必要とする、または IPMI があれば動かせる物理サーバ向け機能も仮想環境で動作させられる 可能性がある点が大きなメリットです。

具体的には、

  • ipmitool での手動操作(電源制御、起動デバイスの変更)
  • vCenter Server からの ESXi のパワーオン
  • vSphere DPM(Distributed Power Management)による自動電源制御
  • oVirt など他の仮想環境管理ツールの自動電源制御
  • OpenShift の Baremetal IPI など、物理サーバに対する自動プロビジョニング機構

が、vSphere の仮想環境内で実際に動作させられる可能性があります。

もちろん、物理環境を完全にエミュレートできるわけではないため、完全な代替とは言えず種々の注意は要しますが、前述のものはいずれも動作確認済みです。

本エントリでは、仕組みと簡単な使い方を紹介します。

続きを読む

vCenter Server 7.0.0c で CPU 使用率が高騰する


追記: 7.0.0d で修正済み

本件の修正を含んだ 7.0.0d がリリースされました。

Resolved Issues にも本件と思われる問題が記載されています。

After an upgrade to vCenter Server 7.0.0c, you see high CPU usage
After you upgrade your vCenter Server system to vCenter Server 7.0.0c, CPU usage continuously stays high. On a single core, CPU usage might spike up to 100% for hours. The Workload Control Plane service causes the issue, even if you do not have Workload Management enabled in your environment.
This issue is resolved in this release.

VMware vCenter Server 7.0.0d Release Notes

手元の環境でも、ワークアラウンドを元に戻して事象を再現させた状態で 7.0.0d にアップデートし、事象が再現しなくなったことが確認できました。

続きを読む

vSphere 7.0 の環境に vROps をさくっと導入する


はじめに

vCSA には、以前から vROps Client Plugin がバンドルされており、vSphere Client から簡単に vRealize Operations Manager のインスタンスをデプロイできました。

7.0 でもこれは健在なので、おうち vROps の実現を目指します。vROps のデプロイは OVF から手作りしたとしてもそもそもそこまで難しいものでもないのですが、この方法ではより一層簡単です。

……と思っていたらハマったので、その解決策も含んだお話です。

続きを読む

vCSA 7.0 をラボ環境用の簡易内部 DNS サーバとして利用する


はじめに

先日のエントリ で、vCenter Server Appliance を 6.7 から 7.0 にアップグレードし、エントリの最後では vCSA 自身を自分専用の DNS サーバにする方法を紹介 しました。

が、前述の方法では外部からの DNS クエリは受け付けられず、vCSA 以外からは DNS サーバとしては使えません。とはいえ、ラボ内にいろいろ立てようとすると、どうしても自前の DNS サーバがないと不自由します。

そこで今回は、vCSA 7.0 を外から正引き・逆引きができる簡易内部 DNS サーバとして使うための設定 を紹介します。具体的には、以下を行います。

  • Dnsmasq を構成して、ループバック IP アドレス以外でも待ち受けるようにする
  • ファイアウォールを構成して、53 番ポートを開放する

当然ながら VMware はサポートしない 方法なので自己責任ではありますが、追加でサーバやコンテナを立てる必要なくすぐに動かせるので、ラボ環境などで使えるシーンもありそうです。

続きを読む

VCF Lab Constructor(VLC)でネステッドな VMware Cloud Foundation 4.0 環境を気軽に作る


はじめに

VMware Cloud Foundation(VCF)という、SDDC Manager で SDDC 環境全体をイイ感じに管理できる製品があり、これを(ハンズオンラボでなく)自宅で触りたくなりました。ただの趣味というか興味です。

しかし VCF は、お行儀のよい SDDC 環境をしっかりした規模で作るための製品なので、自前で構築しようと思えば、たとえ最小構成でも、256 GB のメモリと 10 TB 超の SSD と 2 つの 10 GbE の NIC を積んだサーバを 4 台用意しないといけません。また、上位ネットワークとは BGP で会話できないといけないですし、DNS サーバや DHCP サーバなど周辺にもいろいろ必要です。さらにはネットワーク構成の詳細やさまざまなオブジェクトの命名など ワークブック の 400 ちかいパラメータを決定する必要もあります。

要するに、自宅で気軽に触れる程度のものでは到底ないわけです。ネステッドで作ればハードウェア面はある程度ごまかせはするものの、周辺サーバの用意やパラメータの決定は、ちょっと触れればいいとほんのり思っているくらいのモチベーションではしんどいものがあります。

とはいえ、海外のさかんな自宅ラボ事情を考えると、自宅で触りたい勢は世界のどこかには存在しているはずで、そう思っていろいろ調べていると、VCF Lab Constructor(VLC)なるものの存在を知りました。このエントリでは、これを使ってネステッドな VCF を構築するまでの流れを紹介します。

続きを読む

vSphere Lifecycle Manager (vLCM) で ESXi を 6.7 から 7.0 にアップグレードして管理する


はじめに

前回のエントリ で、vSphere 6.7 の環境のうち、vCenter Server を 7.0 にアップグレードして、最新のパッチの適用も行いました。このエントリでは、ESXi を 7.0 にアップグレードし、パッチの適用も行います。

ESXi 6.7 から 7.0 へのアップグレード方法は、ドキュメントでも提示されている とおりにいくつかありますが、今回は、vSphere 7.0 からの新機能である、vSphere Lifecycle Manager(vLCM)を利用します。パッチの適用も vLCM を利用します。

対象の ESXi は、Intel の NUC(NUC8i5BEK)にインストールされています。VMware 的には非サポート(HCL に載っていない)ですが、気にせずできる範囲でやっていきます。

続きを読む

vCenter Server を 6.7 から 7.0 にアップグレードする


はじめに

最近 vSphere 7 が出たので、おうちの牧場をアップグレードします。

この牧場は、物理的には Intel の NUC(NUC8i5BEK)にインストールした vSphere 6.7 が 2 台で、その片方に vCSA 6.7 が居る状態です。共有ストレージとして QNAP(iSCSI/NFS)がありますが、諸々の事情で vCSA は ESXi のローカルデータストア(M.2 SSD)に配置しています。外部認証ソースも外部 PSC も使っていない、ミニマムな感じです。

サポートされるアップグレード順序は、KB78221 で説明されています。今回の環境はとてもちまっとしたアレなので、素直に vCenter Server を上げてから ESXi を上げるのみです。

このエントリでは、vCenter Server のアップグレードだけを扱います。

ESXi のアップグレードもこの後でもちろんしますが、これには VUM の後継である vSphere Lifecycle Manager(vLCM)を使ってみたいので、別エントリとして投稿 しています。

続きを読む

EdgeX Foundry ハンズオンラボガイド公開


EdgeX Foundry の初修者向けハンズオンガイド(日本語)を作成して公開しました。

いわゆる セルフペースドラボ形式 です。Docker がインストールされた Ubuntu があれば、実際に EdgeX Foundry を動作させながら、基本的な アーキテクチャや利用方法を学習できる ように構成しています。

続きを読む

デジタル一眼レフカメラを 5,000 円で無理やり Web カメラ化する実験的方法(Windows)


HDMI のキャプチャのことをいろいろ調べていたら おもしろそうなブログ を見つけたので、実際に遊んでみました。これはその記録です。

免責

  • 安定性は不明 です、実験程度 に捉えてください
  • 当然ながら ハードウェア HDMI キャプチャのほうがよい です。もしくはプラグインを書くべきです
  • 映像は 実測で 0.5 秒ほど遅延 しますし、画質は落ちます し、CPU をとても食い ます
  • 音声は得られません
  • 何かが起きても ぼくは責任は取りません
続きを読む