2015 年 11 月のエントリ

VMware Labs の Onyx に Web Client 用が出ていた

ぜんぜん知らなかったのだけれど、ふと VMware PowerCLI Blog を見たら、VMware Labs の Onyx の Web Client 対応版、Onyx for Web Client のリリースの案内が出ていた。

System Requirements には vSphere Web Client 6.0 用と書いてある。6.0 の Web Client から 5.5 につなげば 5.5 でも使えそう(後方互換、あったよね?)。

Onyx というのは、vSphere Client の操作を PowerCLI や C# や vCO 用の JS などのコードにしてくれるとても便利なもので、ぼくも三年前に『vSphere Client の操作を PowerCLI のコードにしてくれる VMware の Onyx がすごく便利』というエントリを書いている。

このエントリ、いまでもちょくちょくアクセスがあるのだけれど、この末尾にこんな一文を入れていた。

vSphere 5.1 からは vSphere Client ではなくて vSphere Web Client が標準になってくるので、Onyx たんがアップデートしてくれないといずれ使えなくなる疑惑がある。

結局、従来の C# 版クライアント用の Onyx も 2014 年までは継続的にアップデートされていて、なんだかんだで vSphere 5.5 の C# 版クライアントでも使えてはいる。とはいうものの、根本的に C# 版クライアントだとできないことも多いわけで。

Web Client 用のが出てくれないとそのうち困りそうだなあと、このときからつらつら考えてはいたのだけれど、無事にリリースされてくれてよかった。安心した。


PowerShell と bash で任意のコマンドの出力の全行頭にタイムスタンプを付ける

Tera Team でログを取るときの “タイムスタンプ” オプションみたいなことを、OS のネイティブの機能でやりたいシーンがあった。一時的な人力監視とか作業の証跡とかで。

以下、Windows の場合(PowerShell)と Linux の場合(bash)のそれぞれで。

Windows の場合(PowerShell)

ワンライナでやる

こうする。

<任意のコマンド> | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}

コマンドによっては表示が崩れるので、その場合は Out-String -Stream を通してやるとだいたいうまくいく。

<任意のコマンド> | out-string -stream | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}

結果、こうなる。

PS> ping 8.8.8.8 -t | foreach-object {(get-date -f "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ") + "$_"}
[2015/11/02 01:04:43.31]
[2015/11/02 01:04:43.32] 8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
[2015/11/02 01:04:43.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =7ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:44.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =9ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:45.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:04:46.32] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =12ms TTL=56

関数にする

関数にする場合は、例えばこんな感じ。

function add-timestamp {
	[cmdletbinding()]
	param (
		[parameter(valuefrompipeline = $true, mandatory = $true)][psobject] $object,
		[string] $format = "[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] ",
		[switch] $trim
	)
 
	process {
		$object | foreach-object {
			if ($trim) {
				(get-date -f $format) + "$_".trimend()
			} else {
				(get-date -f $format) + "$_"
			}
		}
	}
}

-format(-f でもよい)で任意のフォーマットを指定できる。何も指定しなければデフォルト(”[yyyy/MM/dd HH:mm:ss.ff] “)。

-trim(-t でもよい)は、行末の不要な空白を削除するオプション。なにかの結果を format-table してから add-timestamp に渡すと、行バッファがあふれて折り返されて、全行間に空行が入って見えることがあるので、これを見掛け上抑止するためのもの。

使うときはこんな感じ。ワンライナの場合と同様、場合によっては out-string -stream を噛ませた方がよさそう。

<任意のコマンド> | add-timestamp
<任意のコマンド> | add-timestamp -f "<HH:mm:ss> "
<任意のコマンド> | add-timestamp -t
<任意のコマンド> | out-string -stream | add-timestamp

結果、こうなる。

PS> ping 8.8.8.8 -t | add-timestamp
[2015/11/02 01:16:18.65]
[2015/11/02 01:16:18.65] 8.8.8.8 に ping を送信しています 32 バイトのデータ:
[2015/11/02 01:16:18.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:19.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =4ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:20.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =5ms TTL=56
[2015/11/02 01:16:21.66] 8.8.8.8 からの応答: バイト数 =32 時間 =8ms TTL=56

Linux の場合(bash)

ワンライナでやる

こうする。

<任意のコマンド> | awk '{print strftime("[%Y/%m/%d %I:%M:%S] ") $0}'

strftime() はミリ秒単位の表示ができないっぽい。date で代替もできなそう[1]だし、しかたない。

結果、こうなる。

[kuro@localhost ~]$ vmstat 1 | awk '{print strftime("[%Y/%m/%d %I:%M:%S] ") $0}'
[2015/11/01 05:04:04] procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
[2015/11/01 05:04:04]  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
[2015/11/01 05:04:04]  1  0      0 483204  23324 363936    0    0   145     2   32   44  0  1 99  0  0
[2015/11/01 05:04:05]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   26   36  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:04:06]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   26   36  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:04:07]  0  0      0 483172  23324 363960    0    0     0     0   27   42  0  0 100  0  0

関数にする

関数にする場合は、例えばこんな感じ。

#!/bin/bash
function add-timestamp () {
        f="[%Y/%m/%d %I:%M:%S] "
        for opt in "$@"; do
                case "$opt" in
                        '-f' | '-format' )
                                f="$2"
                                ;;
                esac
        done
        cat - | awk "{print strftime(\"$f\") \$0}"
}

-format(-f でもよい)で任意のフォーマットを指定できる。何も指定しなければデフォルト(”[%Y/%m/%d %I:%M:%S] “)。

こうやってつかう。

<任意のコマンド> | add-timestamp
<任意のコマンド> | add-timestamp -f "<%I:%M:%S> "

結果、こうなる。

[kuro@localhost ~]$ vmstat 1 | add-timestamp
[2015/11/01 05:18:48] procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu-----
[2015/11/01 05:18:48]  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
[2015/11/01 05:18:48]  2  0      0 482800  23648 364060    0    0   110     2   30   42  0  0 99  0  0
[2015/11/01 05:18:49]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   33   46  0  1 99  0  0
[2015/11/01 05:18:50]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   27   38  0  0 100  0  0
[2015/11/01 05:18:51]  0  0      0 482768  23648 364060    0    0     0     0   23   37  0  0 100  0  0

どうにかしてミリ秒出せないかな、これ。


  1. やってみたら全行のタイムスタンプが同じ時刻になってダメだった []