2012 年 11 月のエントリ

くびひも系会社員

会社用のネックストラップを新調。

メーカも型番も何もわからない、大学時代に CEATEC で貰ったノベルティのものを愛用していたのだけど、ちぎれかけてきたので本腰を入れてインタネット力(?)を駆使して型番を特定、3 つ注文して今日届いた。

革製なうえめかめかしい金属感がたまらないかわいさの逸品。安いんだけどね。

好きなものを着て会社に行くとか、業務用 PC に好きなアプリケーションを入れてカスタマイズするとか、好きなペンや好きな小物を使うとか、もちろん許される範囲内でではあるけど、好き勝手にやることでモチベーションが上がるなら、そういうことはどんどんやるべきだ、と。

まわりの大勢のスーツのなか、ひとり詳しくは書けない程度に自由すぎる出で立ちをしたぼくの配属直後の上司はぼくにそう言い、そしてぼくはそれに多分に影響されている。

異動になったいまでは顔を合わせることも少なくなったその上司、会うたびに『今日も黒いね』と声をかけてくるけど、たぶんぼくが平気な顔をして黒服で通勤しているのは、あなたがぼくにそう言ったからな気がします。


vSphere Client の操作を PowerCLI のコードにしてくれる VMware の Onyx がすごく便利

前置

vSphere 環境をさわるとき、ふつうは vSphere Client でがちゃがちゃ操作する。そのうち慣れてくるとだんだん PowerCLI 環境に手を出すようになって、CLI 環境でいっぱいの VM をまとめて操作できてやばいこれちょう便利うひょーってなる。なるんだけど、それにも慣れると、もともと提供されてるコマンドレットって地味にかゆいところに手が届かないことにぼんやりと気付き始める。で、細かい操作をしようとすると、結局は定義済みのコマンドレットを卒業して、.NET インタフェイスをさわったり View オブジェクトをこねくりまわしたりしないといけないということを悟る。

ここまで来ると Web でぐぐって出てくる情報もだんだん減ってきて、vSphere Client ではすぐできるのに PowerCLI ではどう書けばいいのやらさっぱりだなあ、というところがぽろぽろ生まれてくる。

ある操作をするためのインタフェイスに GUI と CUI がある場合、(VMware に限らず)だいたいは CUI の方が原始的で、原始的だからこそ細かいところまで “なんでもできるはず” という幻想を抱かせてくれる。だから “GUI でできるのに CUI でできない” という状況に遭遇すると、GUI だって結局中で API 叩いてるんだろ、コード教えろやこのやろう、的な気持ちになること請け合い。どうにも納得できない。

このエントリで紹介する VMware Onyx は、まさにその『GUI ではできるのに CUI でどうやるのかわからない』を解決してくれるすばらしいツールなのでした。

More… »