カテゴリ "食事" のエントリ

イマジン・ドラゴンズのライブで、ドラムサウンドに圧倒されてきた

前のエントリ で書いたブリトニー・スピアーズさんのライブの翌日、5 月 7 日、引き続きラスベガスの Sands Expo & Convention Center 内のホールにて。イマジン・ドラゴンズという方々の、某イベント参加者のための特別な、特に名前のない(たぶん……)ライブに行ってきた。

見えにくいけどドラムだらけ

この方々、来日もしたことがあるようで、どうやら有名らしいのだけれど、イベントの告知を受け取るまで知らなかった……。ぐぐる以上の予習することもなく、行ってよい立場にあったから行ったという、正しいファンの方々から殺されそうなモチベーション。でも行ったら圧倒された。ちょうたのしかった。行ってよかった。

会場の都合上、大がかりな舞台装置は無し。ささやかながらスクリーンと照明はあるものの、基本的にはストレートに “音” で勝負せざるを得ない場。そんな場でもものすごく圧倒的で魅力的なパフォーマンスが繰り広げられて、さすがプロだなーというかさすがロックだなーというか、そんなことを考えながらおなかにずんどこ響きまくる驚異的な音圧を感じていた。

狭くみえるけどちょう広い

盛り上げ方とか流れとか、U2 を彷彿とさせる曲が多くて、系統は似ているのかなあとは思った。でも打楽器の使い方がぜんぜん違って、ステージ上に並んでいるのは、ふつうのドラムセットのほかに、背丈ほどもある大きな和太鼓、小さい和太鼓、バスドラム、追加のフロアタム。ヴォーカルの方は片手にマイク、片手にマレット、ときにスティック、あるいは両手にマレット。

このたくさんの打楽器から繰り広げられる、攻めまくるほどに攻めまくるドラムサウンドがほんとうに気持ちよくて、なぜああも破綻させずにあそこまで圧をかけられるのか不思議だった。鼓膜の限界なんて気にしたくなかった。暴力的な音にもみくちゃにされることが心地よかった。

とりあえず CD をぽちったのだけれど、やっぱり CD には “現実的な音” しか入っていない。あの場で繰り広げられたような限界を無視した音はやっぱりライブでしか聴けない。次にこの方々が日本に来たら、だから今度は自主的に行きたいと、そう思えてうれしかった。


亀戸自炊生活まとめ

おひさしぶりです黒井です。

亀戸を逃げ出してほかの同期よりも早々と実家通いにシフトしてからはやくも数週間がすぎました。いいころあいなのでまるっと亀戸生活をまとめましょうヽ( ・∀・)ノ

前提

前提となる条件は、

  • 場所
    • 亀戸
  • 期間
    • 2011年3月31日(木) ~ 2011年7月8日(金) (99日間)
      • 金曜日の夜に実家に戻る(土曜日のギターの練習に参加するため)
      • 日曜日の夜に亀戸に戻る
  • 間取り
    • ワンルームっていうの? ユニットバスの。せまい
  • 寝るところ
    • 身長180cmだと足がはみ出るベッドとかたいまくら

なかんじです。だいじなのは期間ですね。それ以外は愚痴です。

自炊生活

ルール

こんなルールで動いてました。

  • あさごはんは自炊
    • どんなに簡単でもいいから何か食べる
    • 外食はしない
  • ひるごはんは外食
    • 会社の食堂やらコンビニやらで食べる
  • よるごはんは自炊
    • 飲み会のとき以外はじぶんで作る
    • 一人で外食はしない

実績

計算したら思ってたよりちゃんとしてました。すごいヽ( ・∀・)ノ

自炊回数
(予定)
127回
自炊回数
(実績)
111回
ルール違反回数
(実績)
0回
補足
  • 予定の算出は以下の通り(A+B)
    • 3月31日は夕のみ(A=1)
    • 以降、月~木は朝夕、金は朝のみ自炊として、週9回、全14週(B=9*13=126)
  • 実績は毎回記録していた自炊記録ノートの記述件数による
  • ルール違反とは以下を指す
    • 一人で外食した
    • 朝または夕に何も食べなかった

ルール違反が0回なのに予定と実績が違うじゃんってなるけど、この差は何かといえば、こんなところです。

  • GWで実家暮らししてた
  • 飲み会だった
  • 仕事の都合で休日出勤だったり振替で休みになったりした
  • 実家に帰るのが土曜の朝になった
  • 亀戸に戻るのが月曜の朝になった

それぞれこまかい回数まではわからんのですが、なんやかやでこんな風になったわけです。

金銭面

家計簿をつけているんですが、そのうちのカテゴリ『食材費』の数値をひっぱってきました。

食材費合計 24,304円
自炊回数 111回
平均単価 219.0円

亀戸、近くに200円で買えるお弁当屋さんがあったんだけど、それにはかないませんでしたね(´ω`) 惜しい(´ω`)

でも黒井は基本的にいつもやまもり食べるので、コストパフォーマンスでいえばきっと勝ってるんだと思いますヽ( ・∀・)ノ

参考までに、おひるごはん代(食堂またはコンビニ)は平均すると一食500円強くらいです。

メニュー

実際になにを作ったかも記録していたんですが、これはアレですね、今までのエントリ参照ってところですね。

おわりに

家計簿をずっと一円単位で付けているので、飲み代や交際費、書籍やら雑貨やらのお値段もぜんぶ記録済みです。そんなわけで、将来実家を出たあとの暮らしっぷりを考えにあたって、金銭面での有益なサンプルがとれたといえるでしょうヽ( ・∀・)ノ

なんせ一人暮らし初めてでしたからね、手さぐりでしたし。

家計簿眺めてて思うのは、飲み代たかいなーってことです。亀戸期間中だけ見ても、全部で75kも使ってるの(・ω・) 5月なんかひと月で30k超えてるしこわいですね(・ω・)

ありとあらゆる支出をまとめると、ひと月で100kから120kくらい使っちゃってますねえ。飲み代ばかにならないし、もろもろの事情でいろいろあるので、8月からは貯蓄生活のスタートです(´ω`)


いかすみ

いかすみを初めて食べた。存外においしかった。

ぼくはだいたいいつでも、服が黒い。服が黒いから黒井と呼ばれるようになったわけだし、まあそれはいいんだけど、とにかく、そう、服が黒い。

だから想像通りというかなんというか、ぼくに『好きな食べ物って何?』と聞いてきた人は、こっちが何かを言う前に『いかすみ?』と追撃してくる。のだけど、今まで食べたことがなかったので、機会があったら食べたいなあと思いながら過ごしてきたわけです。

ただぼくは、幼少期からずっとそうなんだけど、見た目の悪いものは食べたいと思えない人だったのです。そんなわけで、小さい頃は貝類(ぬらぬらでちょうグロいもんねとくにサザエ)とか、ぐちゃぐちゃになにかが混ぜ込まれた何かとか、あんまり食べられなかった。
ぼくにとってはいかすみもその『見た目の悪い』もののひとつで、だって黒いんですよ、食べ物なのになんで黒いの。黒いのにおいしい食べ物って他にありますか。ないでしょう。海苔はまああれはおいしいけど、あれは味付けの核にはなりえない風味づけ目的のものだし。

という感じで、食べたいけど食べたくない境目を行ったり来たりしていたのだけれども、おいしいイタリアンのお店に入ったときにいかすみのスパゲッティがあったので思い切って注文してみたわけです。
そのお店は二回目で、何を頼んでもおいしかったから、いかすみにしても必ずちゃんとしたほんもののいかすみを出してくれるだろうという確信があったわけで。思い切りました。

そしたらおいしかったです。おちはありません。でもあれだね、口が黒くなるね。