カテゴリ "機材" のエントリ

部活の古い録音、レガシィな記録媒体のお話

高校のころ所属していた部活 の古い録音の山が、講師の先生のところに眠っているらしい。何年も前にそんな話を聴いてから、いつか全部きちんとデジタル化して後世に残していきたいなあとながいこと思っていたのだけれど、最近ようやくこれに着手した。

部活の公式 Web ページの中の “ギタサン史” によれば、ぼくらのルーツは 1972 年の秋に発足した同好会。今が 2013 年だから、もう 41 年を数えることになる。ぼくの生まれが 1987 年だから、それよりもずっと前。

40 年を越える歴史があるというのに、さて、ぼくらが “過去の演奏” を聴こうと思ったときに聴けるのは、せいぜいここ 10 年分くらい。最近の部員の中では比較的長くぎたさんに関わっていると思われるぼくでさえ、手元にきちんとした形で持っているのは 2001 年度以降のデータだけ。

世の中に録音が存在しないなら別だけど、物理的に残っているのであれば、それが聴けなくなる前に、聴ける状態にしておきたかった。

経年劣化は避けられない。はやくどうにかしないといけない、このまま何もしないでいたら、ぼくらは膨大な何かを失うことになると、そういうぼんやりとした危機感があった。

残っている記録媒体は、たいがいは何らかのテープ。危機感の根源は、テープの寿命ではなく、テープを再生する機械の寿命である。

テープは強い。コンパクトカセットだろうが DAT だろうが miniDV だろうが Hi8 だろうが VHS だろうが VHS-C だろうが beta だろうが、とにかくテープは強い。信じられないくらいに強い。耐久性でいえば CD-R や DVD-R や HDD よりも何倍も何十倍も強い。今までの数十年も平気で品質を保ってきたし、多分この先の数十年も同じように品質を保ってくれるはず。

だから別に今やらなくてもいいのではないかと思わないこともないのだけど、現実的にはたぶん、テープより先にそのテープを再生できる機械がなくなる。かつて一世を風靡したカセットデッキも、もはやまともな新品は TEAC のくらいしか手に入らない。DAT デッキなんてもうどこも作っていない。

今あるデッキだっていつかは壊れるし、ガタがくるとテープが入ったまま取り出せなくなるとか中で絡まるとか切れるとか、そんなことも起こりうる。そんな現実をよそに、メーカの保守パーツの保管期限もどんどん切れてくるから、オーバホールはおろか修理さえも年々難しくなってくる。

だからやっぱり、今、できるひとがやっておかなければいけない気がする。

第一に、テープの中のデータを保全すること。第二に、保全したデータをリマスタリングして再利用性を高めること。第三以降は、考えていない。

何年かかるかわからない。まずは音から。そのあとは映像。終わったら部活ではない別の団体の分。なんせ 500 本ちかくある。先は長い。いまは 50 本くらい終わったところ。

そんなわけで、最近はレガシィな記録媒体と仲良く暮らしている。ぼくが生まれる前に記録されたメタルテープ[1] が想像をはるかに上回る音のよさでびっくりしたりとか、180 分の DAT をデッキに入れるときにちょっと緊張したり[2] とか、そんな毎日。

しかしこういうことをやっていると、五十年後にこのデータは誰がどう管理しているんだろうなあとか、そもそも五十年後って部活どうなってるのかなあとか、高校っていうシステムがその時まで残っているのかなあとか、いろいろ考えてしまいますね。

はてさて 75 歳のぼくは何を思うのでしょう。そもそも生きているかもわからない。


  1. コンパクトカセットは磁性体の違いでノーマルとハイポジション(クロム)とフェリクロムとメタルがあって、メタルがいちばん音がよい。家電量販店で今でもたまにコンパクトカセットを見るけど、もう劣悪なノーマルしか置いていない []
  2. 180 分の DAT はほかの時間のよりもテープそのものが薄いので、デッキの中で絡まったり切れたりしやすい []

長瀞に行ってきた

大学生ふたりに写真を撮りに行こうと誘われたので行ってきた。

ふたりは一眼レフ持ちで、何ミリのレンズがどうのこうのときゃっきゃしてる系の方々なので、一緒にいくのがミラーレス一眼と付属キットのレンズしか持っていないぼくでよいのかしら感はあったのだけれど。でも行ってよかった、楽しかった。

写真を撮りに行くと言われてついていったはずが、到着してまず何をしたかといえば川下りなのがおもしろい。思っていたより行動派だった。

いちばん長いコース、6 km の川下り。ラフティングではないし風もゆるやかで、連日の快晴のため波もない。穏やかそのもの。

こういう穏やかな流れを “瀞” といい、”瀞” な区間が “長い” から “長瀞”、というらしい。船頭のにいちゃんが言っていたのでたぶん正しい。

船を降りて町にでると、下町感あふれる空気。

そして名所らしい “岩畳” というものを観に行く。そもそも恥ずかしながら最初 “長瀞” という地名が読めなかったぼくが、”岩畳” なんてものを知っているわけがない。

開放感が気持ちよかった。視界が広いのは爽快だ。岩の価値はわからないけれど、積層感のあるごつごつした力強さは迫力がある。町の近くはひとがけっこういたけれど、ずいずい奥に進めば静かなもの。

観光地だから管理上仕方のないことだろうとは思うのだけれど、一部コンクリートで岩の隙間を埋めて足場にしてあったのは、少し残念。

岩畳から 15 分くらい歩くと小さな山があって、ロープウェイで登れる。頂上にはこれまた小さな動物園があったのだけれど、動物にシャワーを浴びせたくなることしきり。

とはいえ、平和そのものだ。特に、豚が死んだように日向に転がって寝ていたあたり。

夕方になって、閉店間際のお店で肉汁うどんなるものをいただく。肉だった。

おわりに

写真を載せたときにどういうことを書けばいいのかわからない。カメラは NEX-5N、レンズは付属のズームレンズ。設定は基本オート。RAW で撮った。本当は写真ごとに数字をいろいろと書くべきな気はするけれども、よくわかっていないので書けない。EXIF は現像のときに消してある。

帰宅してそのままの勢いで現像して facebook に投げたのだけれど、いまあらためて観るとどう考えてもコントラストと彩度を上げすぎている。とはいうものの編集しなおすのも悔しいので、このエントリの画像は facebook に上げた中からそのまま抜粋している。もう少し穏やかな画にする術は身につけたいところ。

まわりにカメラ好きが多いので、困ったらいろいろ聴くと聴いた以上に教えてもらえるのだけれど、平気で 20 万円などというレンズをお薦めしてくるから油断できない。

レンズ、一本買ったらあとは泥沼にはまりこむだろうことが(自分の性格上)ほぼ確実なので、だからなるべく手は出したくないのだけれど。しかしまずはこれを買えばいいよと薦められたレンズが 2 万円程度という気軽にぽちれるお値段だったので、そろそろ危ない状態になりつつある。

旅行記めいたものを初めて書いたけれど、形で残るのはなかなかにおもしろい。実は日ごろ、外に向けて何かを書くときは常に、黒歴史にならないといいなあと期待している。はてさてどうなることやら。


TLX-TAB7S にぴったりなケースを手に入れた(ただしカメラは死ぬ)

前の『TLX-TAB7S を買って電子書籍生活を始めた』の続き。

前のエントリではこんなことを書いた。

ケースと覗き見防止シートが欲しいんだけど、選択肢は、

  1. ボタンや端子やカメラが埋まるのは諦めて、汎用品や Nexus 7 用のを使う
  2. うまい位置に穴があいているケースを探す
  3. ケースなしで過ごす

というあたりですね。スマートフォンは諸々の事情でケース無しで使う派だけど、このサイズのタブレットだとケースが欲しいから 3 は無いなあ。

そんな状態でヨドバシカメラに行ったら、ブライトンネットさんの BM-NE7FLSTD/BK っていうちょうどよいのがあった。

  • Nexus 7 用のケース
  • レザー生地であんまり安っぽくない
  • 裏側にハンドベルトが付いているので片手で持つときも安心
  • 横置きのスタンドにもなる(角度は二段階)

っていうやつで、TLX-TAB7S につけた場合は

  • 端子類は隠れないでそのまま使える
  • microSD カードスロットがうまいこと保護される
  • カメラは半分隠れて使いものにならなくなる
  • マグネットスリープは使えない

という結果に。特に不満のない状態。

つけたところ

基本的な使い心地とかはぐぐったら出るレビューエントリなどを観てもらうとして、本来 Nexus 7 用のケースを TLX-TAB7S につけるとこうなるよ、というところを。

もともと TLX-TAB7S 自体が Nexus 7 とよく似ているので、見た目の違和感は特にない。うまいのが右下のツメの部分で、これがうまいこと microSD カードスロットをぴったりと隠してくれる。

最低限のツメでしか本体を固定していないので、イヤホン端子も USB 端子も、本体横の電源ボタンも問題なく使える。ケースをつけたまま充電できる状態を保てたのはうれしい。

ただし、もともと Nexus 7 でスピーカがついていた位置のスリットはただの謎の隙間になる。そしてカメラは半分隠れるので、実質使いものにならなくなる。

ほかの選択肢

Amazon で “Nexus 7 ケース” などと検索すると、形がこれによく似たほかのメーカのケースがけっこうある。ツメの位置も似ているので、こういうほかのメーカのでもきっとうまいこと使えると思う。

ちなみにヨドバシカメラでは、店員さんに『Nexus 7 とほぼ同じサイズのタブレット端末を買ったが専用のケースがないのでほかのを流用したくて探している』ことと、『流用した場合のボタンや端子の埋まり具合も気になるのでできれば試着して具合をみたい』ことを伝えたら、快く応じていただけた。売り物を開封してまで試着させてもらえたのでとてもよかった。

念のため書いておくけど、こういうツメで固定するタイプのがこれしか置いてなかったので問答無用でこれに決定しただけで、だから Amazon にあるような似た製品と比べてあえてコレだというわけではない。たまたま。

覗き見防止シート

これもヨドバシカメラで相談に乗ってもらったんだけど、そもそも世の中に 7 インチ用の覗き見防止シートが存在しない様子。Galaxy TAB 用のとか iPad 用のを切るにしても、店頭在庫がないそうで。ひとまず普通の保護シートを買って帰った。

後日 Amazon で調べたら、ちゃんとしたやつは 5,000 円くらいするし、そこまでして要らないかなあという感じがしたので、結局まだ買っていない状態。保護シートを適当な大きさに切って貼って使っている(上の写真)。

関連エントリ


TLX-TAB7S を買って電子書籍生活を始めた

前の『ScanSnap iX500 を買って自炊生活を始めた』の続きというか関連。

自炊するならその電子データを読める端末が欲しいよね、ということで買ったのが TruLuX さんの TLX-TAB7S

いきなりまとめると、

  • 価格もサイズも解像度も Google の Nexus 7 の対抗馬っぽい位置づけ
  • microSD カードスロットがあってうれしい
  • SIM カードは入らない
  • 専用アクセサリが全然発売されていなくて困る

な、感じ。ちなみに Nexus 7 は持っていないので公称値やらほかのひとのレビュー記事やらを参考に書いています。

見つけてから買うまで

そもそもそんなに高級なのは要らないと思っていたので、予算はだいたい 2 万円前後。言わずと知れた Nexus 7 が筆頭候補だったんだけど、価格.com のランキングを眺めていると似たような値段とサイズの TLX-TAB7S とかいうのがあるらしいとわかった。

失礼ながら見たことも聴いたこともないメーカだから若干不安になりつつも、調べると公称スペックは悪くなさそう。Web の情報だといわゆる “中華パッド” なる表記も見られたけど、調べたら日本の会社だったしまあいいかなと。なにより Nexus 7 にはない microSD カードスロットの存在は大きかった。

使い心地

いくつか写真を載せる。見た目は正直だいぶ安っぽい。とくに端子周り。まさか microSD カードスロットが外から丸見えとは思わなかった……。好意的に解釈すれば抜き差しがしやすいということにはなる。

とはいえ、自炊 PDF ファイル(300 dpi、Acrobat で OCR 済み。ClearScan ではない)を読んでみたら、ページめくりのストレスもないし至極快適。凝ったことをやるつもりもないからこれで充分だなあというところ。

無線 LAN につないで自宅の NAS に突っ込んであるアニメもさくさく観られたし、特に不満はない状態。

問題点

専用アクセサリが全然発売されていないのがつらい。

サイズは Nexus 7 と高さも幅も厚さも 1 mm 以下の違いしかないから、ケースは流用できそう…… と思いきや、端子とかボタンの位置が全然違って困る。

てきとうに絵にしたらこんなん。青が Nexus 7 で、赤が TLX-TAB7S。何ひとつとして同じ位置にない。

この手のタブレット用のケースってボタンが押せるように穴があいているものが多いと思うんだけど、だから Nexus 7 用のケースを買うとまず間違いなく埋まる。端子類もたぶん同じ状態になる。

ケースと覗き見防止シートが欲しいんだけど、選択肢は、

  1. ボタンや端子やカメラが埋まるのは諦めて、汎用品や Nexus 7 用のを使う
  2. うまい位置に穴があいているケースを探す
  3. ケースなしで過ごす

というあたりですね。スマートフォンは諸々の事情でケース無しで使う派だけど、このサイズのタブレットだとケースが欲しいから 3 は無いなあ。

ぼくの場合は幸い使い方が限定されているから、画面ロックはアプリケーションで制御すればいいし、ボリュームは常時オフで固定でいいし、カメラは使わないし、だからまあ埋まってもいいかなって気はしている。外で動画見るとなるとヘッドホンだけが問題だけど、最悪自分で穴あければいいわね。

そんなこんなで電車で電子書籍を読む生活を始めます。

関連エントリ


ScanSnap iX500 を買って自炊生活を始めた

はじめに

本職が IT 屋さんだからといって何でもかんでもデジタルが好きなわけではなくて、もともとぼくは “本を物理的にこわすのは抵抗がある” という立場のひとだった。まわりのひとからシートフィードスキャナを買ったという報告を聴いても、ああ買ったのそうなの、本こわしちゃうのね、というくらいにしか思えなかったくらい。だから積極的に自炊関連の情報を漁ることもなかった。

でも部屋を片付けていて、

  • いざというときにとにかく “読めれば” いいだけ
  • 自分にとってはただの “情報源” だ
  • 思い出程度に見た目が残っていればいい

という書類やら本やらがけっこうあることに気がつく。例えば、

  • 古い研修資料
  • 資格試験の勉強の本
  • 古い手書きのノート
  • いつか復習するかもしれない勉学の本
  • 古い雑誌

などなど。

要するに、”物理的な所有にこだわりがないもの” ってけっこうあるんだなあということで、なるほどこういうものをスキャンしてしまえばよいのかと、そして物理的なモノは捨ててすっきりしてしまえばよいのかと、自炊という言葉が一般化して長いこと経った今になってようやく納得がいった。これまでは “大事な蔵書をバラすなんて嫌だ” という感覚が捨てきれないでいたのだけど、”大事な蔵書しか家にないわけではない” というだけのことだった。

購入まで

いちど納得してしまえば話は早い。自分の持っている本や紙束を眺めて、以下のふたつに脳内で分類してみて、ああ 2 がすごく多いなあとわかったら、あとはぽちるだけ。

  1. 物理的に持っておきたいもの
  2. 1. 以外のもの

モノをどれにするかは少し考えたけど、最初の一台だから、ド定番であることと Web 上の情報も多いこと、そして競合メーカの中では一番最近に発売された最新機種ということで、PFU さんの ScanSnap iX500 を選択。

到着して設定してスキャンするまで

設定をどうするかは悩ましかったけど、富豪的思考で決めた。

HDD はいくらでもあるからできあがりのファイルサイズは気にしない。なるべく綺麗にスキャンしてマスタデータとして保管しておけば、貧民的処理(サイズを減らしてモバイル端末のスペックでも閲覧しやすくするとか)は、あとからでもどうにでもなる。

問題はむしろ物理的なほうで、裁断機がないこと。ひとまず使ってみてから考えよう的な思想でスキャナだけをぽちったので、製本されたのをスキャンするならカッタでせこせこやらないといけない。

まあでもさしあたってスキャンしてしまいたいのは本よりも紙束だったし、スキャンしたい本はリング製本(海外のってなぜか多いよね)が多くて裁断しなくてもほぐせたし、ちょっとカッタで切るのも体験してみたいよね、という感じで、まずは平積みにすると 80 cm にもなろうかという山をやっつけることに。

使ってみて

ちょう便利。

80 cm の山をさくっとやっつけるころには、”いつか見るかもしれないからちょっと場所とるけどとっておこう” だった思考が “いつか見るかもしれないけど場所とるからスキャンして捨てよう” に完全にシフト。

そうするといよいよ製本された技術書やら参考書やら雑誌やらを処分したくなって、ためしに仕分けをすると 130 冊近くになった。ここで考えられる選択肢はこんな感じ。

  1. カッタで 130 冊がんばる(追加出費なし。膨大な時間と労力が必要)
  2. 裁断機を買って 130 冊がんばる(金銭負荷が大きい代わりに将来的な追加出費は抑えられる。そこそこの時間と労力が必要)
  3. 裁断業者さんに 130 冊送る(一冊 100 円未満くらいのコストでお手軽な代わりに、言うなれば従量課金。労力いらず)

合言葉は “時間と手間はカネで買え” である。3 に決定。だって手作業つかれるんだもん。そもそもこれは “バラすまで” の話で、このあとにスキャンする作業が等しく待っているわけだし。

というわけで、裁断を申し込んで振り込んで、箱詰めして集荷をお願いして引き取ってもらったところまでが今日。戻ってきたらまたエントリ書きたい。

これからの話

大量の PDF ファイルができてくるわけだけど、じゃあ何か閲覧しやすいデバイスも欲しいよね、ということで、TruLuX さんの TLX-TAB7S を追加でぽちったところ。とくにこだわりはなかったんだけど、それなりの解像度で軽くて内蔵以外の記録媒体が使えて(この子は microSD カード)、あんまり高くないもの、という選び方。

あとは富豪的思考で取込んだ大きな PDF ファイルをいかにダイエットさせるかというのも考えないといけない。この辺はタブレット端末が届いて実際に使ってみてから試行錯誤するところかなあと。他の端末向けの情報はぐぐるといろいろ出てくるから、いろいろやってみる。この辺もエントリ書きたい。

関連エントリ