カテゴリ "その他" のエントリ

黒いワイシャツを、もっと黒く染め直そうと思った

要約すると、

  • ozie さんのお気に入りの黒いワイシャツが色落ちしてきたので
  • 染め直し屋 さんで黒く染め直してもらったら
  • 1 枚あたり 1,380 円とお安くすんで
  • 仕上がりもすごくイケてた

という話。

ぼくの持っているワイシャツは黒いのも白いのもほぼ ozie さんのなのだけれど、黒いのがお気に入りすぎて着まくっていたら、当然のことながらだんだん色が落ちてきた。こうなるともう着られない。

いいかげんもう着られないけど、でもこれお気に入りのやつだし捨てたくないなあ、みたいな葛藤が出てきたので、

  1. 色落ちした!
  2. でも捨てたくない!
  3. じゃあ染め直そう!

という三段論法で、染め直し作戦を進めることに。

調べたら家庭用染料もいろいろあるようで、それで自分で染めるのも考えたけど、めんどうくさそうだし洗濯のときの色落ちとか品質とかも不安だったので、専門業社に頼むことにした。

ぐぐっていろいろ見てみて、何となく信用できそうな雰囲気があるのと他社よりだいぶ安いのとで 染め直し屋 さんに決めた。早速手続き開始。

複数枚まとめたほうが単価が下がるので、大して色落ちしていないやつも一緒に混ぜ込んでしまうことにした。今回は黒いワイシャツを全部で 7 枚。

2 月 21 日くらい、フォーム にどういう素材の何色の何を何枚何色に染めたいのか書いて送る。

2 月 22 日くらい、だいたいいくらくらいになるかの返信がくる。同日、適当な箱にモノを詰めてコンビニエンスストアから発送。

2 月 24 日くらい、届いたよ、最終的にいくらだよ、作業すすめていい? っていう連絡がくる。同日、作業すすめてくださいってお返事。その後しばらくして作業開始しますよっていう連絡がきた。

2 月 28 日くらい、できたので発送したよっていう連絡がきた。

3 月 1 日くらい、到着。

二、三週間って書いてあったのにたったの 4 日で発送された。おどろきの早さ。嬉しい誤算。

仕上がり品質は非常に満足できるものだった。きれいにまっくろになっていて、色落ちでできていた妙なムラもきれいさっぱり。

新品のときから気になっていた黒の色味の違い——赤っぽかったり緑っぽかったり——も、同じ染料で染めたから当たり前なんだけどすこし緩和されて仕上がってきたのでうれしい。プレスのおかげもあってつよい皺もなく、新品にもどった感がある。

洗濯してだいじょうぶかというのが気になって一回洗濯機につっこんでみたのだけれど、ぜんぜん問題なさそうだった。

ワイシャツ 7 枚で、1.5 kg、プレス代込みでしめて 9,660 円。単価 1,380 円。

もともとのワイシャツが 1 枚で 6,000 円くらいなので、これだけの投資でこの品質が得られるなら安いものだと思う。手間もかからず、時間もかからず。送って待つだけ。

色落ちしたけど捨てるのが惜しい、そんな衣装に対する『染め直す』という解決策、なかなかよいものでした。みなさまもぜひ。


ヨドバシカメラで価格交渉したら価格.com の最安値以下にしてくれた

最安値以下といっても、ポイント分を値引きとして考えればの話だけども。だからほんとうは『”実質” 価格.com の最安値以下』という表現が適切。

顛末

価格.com で最安値 10,980 円で Amazon でも 10,980 円の商品を買おうとしていた。ソフマップの町田店に行ったらその商品は 11,800 円だった。

もうちょっと安いといいなあと思いつつヨドバシカメラの町田店に行ったら 14,800 円[1] とか言われた。なにこれ高い。今すぐ帰って Amazon でポチるレベル。

というわけで正直に、ソフマップでも 12,000 円くらいだったんですけどもうちょっとどうにかなりませんかね、ポイント還元換算でいいから 11,000 円以下になったら買いたいところなんですが、と、思ったことをそのまま告げる。

そしたら何やら店員さん、端末をかちゃかちゃしはじめて、おもむろにどこかに電話をかけて、とつぜん『価格.com 対応、4 番おねがいします』などと言い出す。ついで何やら番号を述べたりやりとりしたりをして、結論が『12,100 円にできる』とのこと。

10 % のポイント還元で、もともと 14,800 円だったものが実質 10,890 円になった。

そんなわけで、2 個お買い上げ。お会計中に、価格.com 対応なんてあるんですねえというと、最近は値段が調べやすくなったから下げやすくなったんですよ、と。それはこちら視点のせりふだろうと感じつつも、他店舗の数字が見やすいことで店員さん側も “上” と相談しやすくなるということはあるのかもしれないとひとり納得しつつお金を払う。

思ったこと

価格交渉に応じているかのような会話はあくまでポーズであって、実は最初から全部決まっていたのかもしれないなあと、そんなことも思うけれど、そうだとしても顧客満足度の向上[2] という意味ではとてもよいサービスだと思う。現にぼくは気分がよかった。

額面の大きめのお買い物をするときは、そしてそれが他店舗の販売額と大きく乖離しているときは、交渉の余地はあるのかもしれない。値引きしてもらえるよという話はちらほら聴いてはいたし、まわりで実際やってるひともいたし、インタネットでも情報は見ていたものの、ぼく個人としてはわりと額面通りのお金を払う系のひとだった[3] ので、地味ながら新鮮だった。

値引きしてもらって当たり前という思想にはならないようにしたいけれども、でもたまにはこういう種類の会話もおもしろかった。


  1. 正確な値段は忘れたけど 14,000 円代だったのは確か []
  2. おしごと以外の日常でこの言葉を使うことになるとは…… []
  3. 強引な交渉をして “モンスターお客” だと思われたくないという心理もあるよね []

役割

ぼくにしかできないことが、何かあってほしいと思う。

いろいろなコミュニティに所属していて、どのコミュニティにもいろいろな人がいて、そうしたときに、そのコミュニティの中でのぼくの役割って何だろう、ということを、たまにふと考える。

ぼくがそのコミュニティに居ていい理由はなにか、居ることが許されている理由はなにか。ぼくが『空気』でないのなら、ぼくにはぼくの役割があってしかるべきで、すなわちそれがぼくの存在意義というか、そんなようなものだったりするわけで。

誰かに必要とされれば嬉しいし、誰にも必要とされなければ虚しい。これはわりと誰にでも共通する感覚だと思うのだけれど、はっきりと『なぜ自分が必要とされているか』を自覚できているひとはそこまで多くないのではないかしら。

この話は黒井に聴かせよう、このことは黒井に頼もうといわれる、これを委ねるのは必ず他でもないあの黒井でなければいけないと、そういわれる、思われる『なにか』がほしい。

他人がぼくに何かを求めてきたとき、狙いはぼくの『能力』なのか、『人間』なのか。そこもまた気になるところであり。

人間力というものはこういうことをいうものなのかなあと、漠然とした実感。社会に出たあと生きるのは、たぶんこういうところ。能力を搾取されるのではなくて、人間を求められるひとになりたいですね。