神奈川県高等学校総合文化祭の器楽管弦楽演奏会に行ってきた

平成 26 年度神奈川県高等学校総合文化祭の中の、第 14 回神奈川県高等学校器楽・管弦楽演奏会に行ってきた。長い上に何をどう略しても “高文連” にはならないのがミソ。”高文連” は主催者と主管者、神奈川県高等学校文化連盟。

12 月 14 日、日曜日。去年までと変わって会場は昭和音楽大学のテアトロ・ジーリオ・ショウワ。

相模原中等教育学校クラシックギター部さんの出演時間がちょうどぼくの隙間の時間だったから、ちょうど新百合ヶ丘に居たことだし、覗いてきた。午前の多摩高校ギターアンサンブル部も聴きたかったのだけれど、時間が叶わず。

このホール、本来の用途、つまり “劇場” として使えばすばらしい場所ではあるものの、残念ながらギター合奏とは特性上いまいち相性がよろしくない。実は全日本学生ギターコンクール(当時はまだこの名称だった)が 2007 年にいちどだけここを会場に開催されたのだけれど、それ以来そこでは開催されていないあたりからも、いろいろとうかがえるような、そうでもないような。

というわけで、実際の演奏も、すごく弾きづらそうだなあというのが第一印象。N 人の合奏というより、N 人の独奏の集まりに聴こえてしまって、この部のポテンシャルは絶対こんなものではないはずなのだけれどと思いながら聴いていた。

もともと人数が多い部活がお互いの音を聴きにくい環境で人数を絞って演奏すると、それまで人数の多さでどうにかなっていたところが丸裸にされるので、そういう意味ではこのメンバでの本領発揮はもうちょっと先なのかなと。とくにトリプティークはぼくのお気に入りの曲なので、定期演奏会ではイケイケなのが聴けることを期待。伸び代はたくさん。

中等さんの定期演奏会、毎年経済産業省のアレとかぶるのがつらい……。


コメントを投稿