Mac OS XでGNU Common Lisp (GCL)をつかう

大学の授業でLispをいじることがあった。大学の共用PCはほとんどMacで、そこにはgclとkclが入っていたので、自分のMacBookにもgclをインストールしたいなァということで挑戦。すんなりいくかと思いきやいろいろバギィで難儀したけど、ぐぐりつつどうにかできたので別ページにまとめ。

グーグル先生は偉大ですね!

学校の環境だと上下キーでの履歴参照とか左右キーでのカーソル移動とかなにもできなくて、ものすごくストレスのたまるコーディングを強いられていたんだけど、自前でビルドしたら上下キーも左右キーも使えてさくさくでうれしいです。

学校の環境と自分の環境で何が違うのかよくわかっていないので、学校のもいじればどうにかなったりするんですかね。


コメントを投稿